考えかた

考えかた · 02日 3月 2019
とても共感した話でした。 https://ch.nicovideo.jp/ex/blomaga/ar1734999?fbclid=IwAR2vX9GrEmpFMaAS-ulmw7abb1bpqSjBOS1tzaClXSHQac8EkPUYF0qKNc8 例えば僕らの仕事に置き換えたら ご飯茶碗ひとつにしてみても ほかほかご飯を盛って 食卓に乗せれば“食器”という 機能オンリーの器物ですが それが伝え手の目を通して しかるべき空間に収まると 見立てられ“アート”になったりする。...
考えかた · 11日 9月 2018
朝は子供より早く出勤して 早めに仕事を始めるのですが 午前中、音楽はクラシックをかけます こだわりはありません YouTubeで長時間作業用で五時間くらい あるやつを。 午後になってから、ビートの効いた 少々うるさめの音楽に切り替えます。 この仕事を始めたころは FMラジオだったり、好きなロック なんかをランダムにかけていたのですが...

考えかた · 14日 7月 2018
「そんなにやれやれ言われたら逆にやりたくなくなる!」 朝から息子がごねて叫ぶ。 メシ食え、着替えろ、歯ぁ磨け、教科書入れろ、宿題入れろ 結局昨日の夜やってなかったり、ギリギリまで寝てるから こういう事になるんですけどねぇ、、、 あまのじゃくを自認する自分としては やれと言われれば言われるほどやりたくなくなるのは 死ぬほどよく分かります。...
考えかた · 14日 6月 2018
作品に関して、デザインの良さを褒めていただくことも多いですが 僕自身としましては、即興的な作品に胸を打たれることが多く そういった個人的な指向性を形にしてみようと、作りだしたのが オーバルのうつわたちです。 昔、僕はドラマーでバンドなんぞをやっておったのですが ギタリストが来ていたあるとき、曲の練習などせず何も決めずに...

考えかた · 12日 4月 2018
僕ら陶芸作品を作って生活する者の五割の頭の中には 小さなおっさんが住んでいるんじゃないかなぁ、という話。 奴は真っ白な蓬髪に頬ひげをたくわえ袴姿 そう、まさにこういった感じ
考えかた · 19日 3月 2018
高名なクリエイターが著書で “せめて週に一度くらいは本業を忘れて全く違うことへ向き合おう” とススメておられた。 陶芸は乾燥というものが常に追いかけてくる仕事で なかなかまる一日離れるというのも難しく。 なのでちょこちょこ「全く違うこと」ができるように昨年末 ドラムセットを工房内に設置。 まあなかなかの存在感でとことん邪魔で...

考えかた · 17日 3月 2018
ついに粘土に関しても送料が一気に倍に跳ね上がると 陶土屋さんからの悲鳴 ※上の写真も以下の文章も、陶土やさんのSNSへの投稿より転載 「昨日郵便局から担当者がこられた、 新たに新設された重量ゆうパックという重さのある荷物に対してのあまりの価格の変更具合に絶句、 とりあえずこちらの思いの丈を全てブツけた、...
考えかた · 15日 3月 2018
昔作って評判の良かったちょっとひし形に近い オーバルの鉢の型を流用して 輪花のオーバル鉢の型を作りました。 ハンバーグに少し付け合わせを添えるくらいの 量が丁度いい感じの大きさ きっと良い器になると思います。 輪花の器に関しては 僕自身から進んで制作するものは絞り始めていて もう少し小さくとか大きくとか...

考えかた · 19日 1月 2018
先週まちなかで学生時代の先輩を見かけた。 イケメンでチョイ悪、すごくモテていたひとだったので 見ればすぐにわかる。 車で動き回る仕事をされているらしく 僕が唐津に帰った時からずっと、年に数度は見かける。 そのひとがなんだか年々少しずつカッコ悪くなっていくのだ 年相応にふっくらはしているものの、顔を見たら本人とわかる程度だし...
考えかた · 13日 12月 2017
うちの子供たちは引き続き学校の友達関係が 上手くいかず悩んでいるようだ。 いわゆるハブられてるってやつ。 いじめの寸前?いや傍から見たらいじめなのだけど 本人にもプライドがあるからね。 自分がいじめの対象だなんて誰が受け入れたい? そこに大人が介入するのはとても難しいのです。 (とくに父親なんかにゃ言えないわな) 子供は賢い...

さらに表示する