器と使うこと

器と使うこと · 11日 5月 2019
琥珀糖というお菓子が欲しくて 取り寄せる時間がなく手作り。 作り方はホントに簡単。 寒天と食紅と砂糖を煮詰め 冷やし固めるだけ。 青の食紅が売ってなくて 昨日は方々を探し回りました。 七月の個展DMの撮影用で 味はただの砂糖ですが 初夏にぴったりの色合いで アジサイのようにも見えます。 しかし撮影にはほんの五粒しか使わなかったのに...
器と使うこと · 30日 4月 2019
やきもん祭り2日目 雨もあがり、肌寒くはありますが 多くのお客さんが 街を歩いていらっしゃいます。 今年も隣の和室で 土屋由起子さんと展示をされている 盆栽作家の島津拓哉さんが お花を活けてくれました。 白磁の花器にギンバと紫蘭 トーンの違う2色の緑と 紫色の花が良くマッチして 会場に映えます。

器と使うこと · 14日 6月 2018
ひょんなことからうつわを お納めさせていただいた 静岡の歴史深い鰻屋さん(安政三年創業!)の 「うなぎ桜家」の蒲焼き . 九州の甘辛いのと違い お醤油感の強い味付けが新鮮でした いやぁ美味しかった! . 緑彩六寸浅鉢に盛り付けました
器と使うこと · 16日 9月 2017
美味しそうな葡萄がやってきた(*'▽') 新作の藍釉捻り輪花鉢に 入れてみました。

器と使うこと · 23日 7月 2017
昨日は夕刻もくもくと雨雲が見えましたが 恵みの雨は降らず。 お天道様のいけず! 今日も日が射したり曇ったりで暑い暑い… HIGASHIYAのおこしで 午前中のいっぷく 美味しいです 生き返ります。 熊本千治作の黒唐津鎬粉引湯呑に 冷たいコーヒーをそそいで。 おこしを入れた小さな角鉢は熊本 象作 織部釉を流した見込みにサカナが二匹泳いでいます。
器と使うこと · 03日 7月 2017
個展前の最後の窯炊きも終わったので 春の個展でお世話になった 福岡の酒造 伊豆本店さんの純米大吟醸“壽限無” をいただきました。 いま主流の味とは少し違いますが 力強く、繊細でとてもおいしく とても好みの日本酒でした。 伊豆本店さんの日本酒は どちらかというと少し男好みのする味なので 男性にも人気の黒緑彩の新作酒器と 合わせました。...

器と使うこと · 26日 1月 2017
昼食の仕込みを始めようと思ったら来客。 遠い親戚の方のようで お使い物を買いに来てくださった。 我が家はあまり親戚づきあい得意じゃなかったから どこに誰がいるかなんて全然知らなくて なんだか家族が増えた感覚 ちょっと嬉しかった。 お昼ごはんの時間も少なくなったので ささっと。 一昨年父に試作してもらった 小鍋も役に立ちます。...
器と使うこと · 17日 1月 2017
お昼は工房でササッと 自作の陶板でスペアリブ入りの トマトスープと 父作の土鍋で土鍋ご飯を まだまだ調理器具も食材もないので ドタバタします… うつわだけは豊富にありますけど。 右の歯が治療中で噛むとうずくので 歯ごたえのあるスペアリブは大失敗(*_*) 色味も乏しいので 裏庭にハーブガーデンでも作ろうかと 企んだりして。 料理に関しては...

器と使うこと · 27日 12月 2016
ちょっとしたときにお出しするお茶請けって難しいですね。 多すぎても大きすぎてもだらしない でも少なくても寂しい。 よく使っていた小粒のおかきが急に廃盤になっちゃって そんなことをお客様に話したりしていたら… やって来ました! 右下のsousouの和三盆も美味しかったのですが 左二種類は、ブラックモンブランこと 佐賀の“地アイス”で知られた...