身体は資本だし相棒

先週まちなかで学生時代の先輩を見かけた。

イケメンでチョイ悪、すごくモテていたひとだったので

見ればすぐにわかる。

車で動き回る仕事をされているらしく

僕が唐津に帰った時からずっと、年に数度は見かける。

 

そのひとがなんだか年々少しずつカッコ悪くなっていくのだ

年相応にふっくらはしているものの、顔を見たら本人とわかる程度だし

なんでかなーと思ってたら今回はさすがにその理由に気が付いた。

 

姿勢が悪い

 

年々歩き方がぶざまになっていっている

背を丸めてがに股になり、左右に揺れながらヨタヨタ歩く

言っては申し訳ないがおじいさんみたいな歩き方だ。

おそらく本人は気づかないうちにそうなってしまっているんだろう。

 

顧みるに、僕も左ひざと右側の股関節に少し痛みがある。

今まではいつか痛めた古傷なんだろうと思い込んでたが

今回一つしか歳の違わない先輩を見てハッキリ分かったのは

年相応に筋力は衰えていくってことだ。

 

20過ぎてからは普通にしていて身体は成長しないとのことなので

身体を支えてる筋肉が徐々に衰えてって

一番利用頻度の多い関節が、負荷に耐えられなくなって壊れるのであります。

僕の場合はロクロを使っているときに

左ひざはずっと体重を支えているし、右足はペダルに

載せっぱなしなので、股関節を支点にあげっぱなし。これが原因。

 

たぶんネットにも書いてある程度の内容の気づきだろうけど

この度やっと腑に落ちたのでここに書いています。

 

それともう一つ身体のことに関して言うと

昨年はとても体調のアップダウンがひどい一年でした。

気分の乗らない日が多く、それでも踏ん張って仕事をこなして

忙しさが過ぎた夏と年末に、謎の体調不良でパタッと寝込みました。

微熱、頭痛、咳、全身のだるさ・冷え、鬱々とした気分…
風邪のような症状なのに風邪の薬をのんでもいっこうに治らない…そして長引く…

 

コレ、結局は全身の筋力が落ちたことで

体力低下に伴った、いわば若年性の更年期ということでした。

症状のすべてがこれに当てはまりました

なんと情けない…(ToT)

 

しかしながら原因にやっと気づけたので

年末からジョギングと筋力トレーニングを始めました。

最初は体中が痛くとてもしんどかったけど

十日を過ぎたあたりから徐々に身体中にシッカリ感が出てきて

気分もアガり始めました。

一年の締めくくりに気づけて本当に良かった。

 

復帰したドラムも、演奏というかは

動かしている身体の部分に気をつけながら

ひらすらゆっくりから基礎的なことを繰り返し
 エクササイズマシンのような使い方をしています

今はこれで十分満足。

 

今年からは仕事の中身も今までと少し変えつつ挑むつもりです。

これからも長き相棒となる身体にはヤキを入れつつ いたわりつつ

共に戦って行こうと気分を新たにすることができた

暮れから年初にかけての出来事でした。