和太鼓グループ “龍童” 見学と誤算…

地元唐津の和太鼓グループのことを

地域情報のニュースで見て

 

これは打楽器に触れるいいきっかけになる

小2の息子を習わせよう!身体も丈夫になるし!
と勝手に盛り上がり

発表会を見に連れて行ったりして

本人もソノ気になりかけてきたので

頃合い!と早速問い合わせ、練習の見学に連れて行った。

ついでに小4の姉も一緒に。

 

快く見学を受け入れていただけたのにも

かかわらず、見学開始5分で

ふてくされ始める息子…

目の前で演奏される熱気に圧倒され

盛り上がっていた気持ちの処理ができず

なんだか怒りの方向へ向いてしまったのかな?

 

どうしたものかと困っていると

逆にひそかに目を輝かせていたのが

イヤイヤ付いてきたはずの姉のほう。

そんなはずは!?と今日行った2度目の見学の際には

息子はもう嫌だと言い切り

姉のほうは照れながらも行っても良いと

言いだしたという次第で。

 

姉弟とも学校など集団の中での人間関係には

馴染めないし、徒党を組めばはじかれるタイプで

だったら学校の校区外の別枠に

全く違った人間関係を築けたらという思惑があっての
ススメだったんだけど。

姉のほうは幼稚園の頃からもうずっと
そういったのに悩み続け泣いたりするのを見てきて
ただここ一年ほどは
“周りに人がいなくなったら独り時間を楽しむ”
という切り替え方を学んだよう。

弟君はまだ現状の枠内でサバイバルしたいんだろう。
逃げ出すのも、逃げ場を与えられるのも
まっぴらごめんだろう。
それはごもっとも。
僕のこの先回りは実は息子には全く不必要で
奴には奴なりの切り抜け方を見つけられることを
願いたい。

そして姉のほうは、、、
空想とお絵描き好きの和太鼓ガールとなるのか。
さらに盛り上がってバチにスティックも振り回しちゃたりして

別に良いけどね…
アンタがタイコに向いてるってのは薄々気づいとったよ(笑)

ミッキーハート著「ドラム・マジック―リズム宇宙への旅」より。スリットゴング(木をくりぬいた原始的な太鼓)が生まれたときの、ナイジェリアに伝わる神話。アリの妖精ジンと、ジンに兄を殺された少年の、踊りと太鼓の我慢比べ勝負の図。
ミッキーハート著「ドラム・マジック―リズム宇宙への旅」より。スリットゴング(木をくりぬいた原始的な太鼓)が生まれたときの、ナイジェリアに伝わる神話。アリの妖精ジンと、ジンに兄を殺された少年の、踊りと太鼓の我慢比べ勝負の図。