嬉野・有田へ

先週末は粘土を買いに嬉野へ
互いに関わり合いのある業種だとはいえ
よその作業場というのは興味深く
この機械は何に使うんだろう…とか
面白がって見てしまいます。

 

その足で有田へ移動。
知り合いの窯元へ、使わなくなった
古い石膏の型を頂きに行きました。

時代を感じさせる大型のうつわの型。


でもこれをゼロから作るとなると
かなり大量の石膏が必要となりますので
とても助かります。


器を成型すると、高台などを削り出す作業が必要です。
その削ったフレーク状の粘土を
また水に戻し、石膏の上で余分な水を吸わせ
再利用するのです。
再生した粘土は程良く枯れていて
古色を付けたい作品を作るときにピッタリです。


石膏型もたくさん準備ができ
これからはもう再生のし放題!
とてもありがたい!