熊本正治の絵

唐津やきもん祭りも
残すところ二日となりました。

展示会場となる中町CASA一階のカフェ
hanaはな屋さんでは、5/3.4.5の三日間
七山の隠れ家的蕎麦屋
“遊心庵”さんのお蕎麦が提供されています。

大将とお話をすると、なんとうちの祖父
熊本正治から絵の手ほどきを受けたとのこと。
祖父は唐津市内の小学校で教鞭をとり
退職後は画家として活動していました。

やきもん期間中は地元の方々とも
お会いすることが多いのですが
祖父から習った、よく怒られた!
との声が聞けました。

写真は祖父の絵です(油絵です)
死後、処分しきれないものがたくさん
あります。
油絵ならまだ良いのですが
作風としては水彩画が多く
管理が行き届かず、痛んでいく一方です。

もし、祖父と縁のある方で
譲り受けてくださる方がおられましたら
ご提供させていただきたいので
ご連絡いただければ幸いです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。