- 三島唐津の鉢の成型 -

 

※写真クリックで拡大します

 

 

“三島唐津”は唐津焼の中でも特に長い技術工程を経て完成する器です。

「印花」と呼ばれる判を打ち、線彫りを施し、その窪みに「化粧土」と呼ばれる白土を塗りつめ

また、部分的に化粧土を刷毛で巻いたりと

そのレイアウト次第で器は様々な印象に変わります。